日本のデザインを形にする

ABOUT 成り立ち

プロフィールーPROFILE

石原 ゆかり

代表取締役 コンセプトメイク・製品デザイン

「考え抜くこと」「自らの手で作ること」は、私にとって必要不可欠な時間です。図面をひき、素材に触れながら試作を繰り返して生まれる形。つくづく天職だなぁと感じるのです。

約12年のグラフィックデザイナー生活を経て1998年にオリジナルプロダクトブランド『KAKURA』を一人で立ち上げる。陶器や竹を使った作品制作を行いつつ、紙製品の開発からスタート。 翌’99年には陶製品を、紙×陶、紙×竹、紙×陶×竹など、異素材をデザインでつなぐプロダクト開発が中心になる。 東京スパイラルマーケットではデスクトップ上の道具(マウスパッドやパインダー、ペンスタンド、マグネットなど)を陶器で作る“CLAY’S DESIGN for desktop”展を開催。2000年へのカウントダウンとしてオリジナル文字=KAKURA文字を作り、和紙や陶器で複数の万年カレンダーを発表する。 ’00年には自立する伝統的な提灯型の照明、空間のしきりとしての竹や和紙を使った簾など、ライフスタイルを提案するインテリア作品の制作もはじめる。 さらに’01年には“革を製品に取り入れて欲しい”という革屋さんの要望を受け、独学で革を使った小物づくりをスタート。そして’03年、ついに地元大阪府高槻市にファクトリー&ショップ『KAKURA』をオープンする。 翌年“LEATHER+CLAY’S DESIGN for valentine”展で革の作品を多数発表、そこからmini6穴システム手帳など複数の革製品が生まれることになる。 ’13年より古民家を使ったKAKURA第二工房を開設し、レザークッション、革のれんなど本格的にインテリア製品の開発と製造が始まる。また、“紐巻きA5システム手帳とレザーリフィル”が『大阪製ブランド』の認証を受け、紙製品とペーパーウェイトなどの陶製品も併せて、やはり文具メーカーとしての印象がより濃くなる。 ジャンルに縛られず、つねに「人の心に働きかけるもの」を意識したプロダクト開発を続けている。


清水 美和

革製品製造 品質管理

ものづくりが大好きで「革」という生きた素材と格闘しながら、日々楽しんで製造しています。


吉田 景子

二児の母 革製品製造(ミシン)

一つ一つ心を込めて作っています。
仕上がったものをお客さまに送り出す時、まるで我が子を見送るような気持ちになります。


渡邊 真由

WEBデザイン セミオーダー対応全般

ものを作ることで人と繋がり、そしてまた新しいものが生まれていく。
手に取った時、頬が緩むような気持ちを共感できたら嬉しいです。


小森 美帆

革製品製造 資材管理全般

一枚の革から製品になるまでの全ての工程に携わることで、
自分の手からモノが生まれるのを感じられることはとても贅沢だと思っています。


高橋 未来

革製品製造 オンラインショップ対応

革は一つ一つ表情が違うので製品の切り出しなど四苦八苦することばかりですが、
それに負けないように常に全力で革と向き合っています!